2005年05月26日

アホですか?

いろいろな意味で、アホとしか思えないこの感覚。

中学生向け英再処理施設見学 事故説明せず募集 日本原電 (朝日新聞 2005年05月26日)
 日本原子力発電の原発がある福井県敦賀市と茨城県東海村の中学生計10人に今夏、英国の核燃料再処理工場などを訪問してもらうツアーを、同原電が計画している。ところが、目的地の再処理工場では4月に使用済み核燃料の溶液が大量に漏れる事故が起きたばかりで、操業停止の状態。同社や系列の財団が5月16日から市と村の教育委員会を通じて募集を始めたが、事故についての説明は一切なく、両市村教委は「事故のことは知らなかった。状況を聞いて対応を決めたい」と困惑している。
 日本原電と系列の財団法人は、敦賀市と東海村の中学生を対象に、英国に約10日間派遣する事業を03年から2年に1度実施し、今年で2回目。旅費は1人30万円以上かかるとみられ、10万円は参加者が負担し、残りを日本原電が補助する。・・・・
・・・この事故について日本原電は両市村教委に一切説明していなかった。両市村教委は「事故が事実かどうかなどを確認したうえで今後の対応を検討したい」と話している。日本原電は「外部への放射能漏れはないと聞いているので問題はないと考えている。市村教委には今後説明したい」としている。
Posted by hirakawa at 22:49 | Category: 原子力 | Comments (0) | TrackBack (0)

2005年05月21日

ある村の長老の世迷言

先のセラフィールドの話とは直接関係しないが、原子力ムラの面白い話を一つ。

Posted by hirakawa at 10:12 | Category: 原子力 | Comments (2) | TrackBack (2)

英セラフィールド再処理施設で深刻な放射性液体漏れ事故―どうしてマスゴミは報道しない?

ここのところ(つーかずっとだけど)忙しくて、不覚にも完全に見逃してたのだけど、イギリスのセラフィールド核燃料最初の施設のソープ工場で、20トンのウランと160kgのプルトニウムが混合した83立法メートル(オリンピックプール半分の量)の放射性燃料溶液が無人エリアに漏洩する事故が起き、工場が閉鎖されているそうだ(参考:BBC "Leak spills 20 tonnes of uranium")。

さっき、積読(?)状態だった河野太郎議員のメルマガ「ごまめの歯ぎしり」を久々に読んでいたら、5月9日10日の記事に書いてあった。

漏洩が見つかったのは、4月19日だそうで、調査の結果、事故の深刻さが明らかになり、英国でも5月9日になって大々的に報道されたようだ(それとも総選挙で控えてた?)。幸いにも施設外への放射性物質の漏れはないとのことだが、施設内の放射能汚染は甚大――なにしろ20トンのウランと160kgのプルトニウムだもんね――なため、人間は近づけず、液体を回収し、設備を修復するには、特殊なロボットを作って、難しい操作をしないといけないそうで、費用も5000億円、あるいは1兆円もかかるという。

Posted by hirakawa at 08:48 | Category: 原子力 | Comments (0) | TrackBack (4)

2005年04月17日

浜岡原発 「耐震上2号機もたず」―データ改ざんの内部告発

内部告発を、された側が「安全です」の一点張りで全否定する。BSE問題での米国とまったく同じ構図の話。(ただし事故った場合の被害規模は比べものならないくらいデカイ。)告発内容が真実であれば、かなりガクブルな話。

Posted by hirakawa at 01:05 | Category: 地震, 原子力 | Comments (0) | TrackBack (6)

2004年08月14日

忘れないように浜岡原発ずさん工事の続き

ちょっと前にここでも取り上げた浜岡原発のコンクリート骨材試験結果偽造の内部告発の問題、美浜の事故の裏に隠れないように、静岡新聞浜岡原発特集ページから、続報をいくつか。

「砂利品質データねつ造」 浜岡原発建設 納入業者元社員が告発 2004/08/06
中部電力の浜岡原発4号機(御前崎市)のタービン建屋建設に使われたコンクリート用の砂利を納入した業者の元従業員(45)が六日までに、「砂利の品質を保証するアルカリ骨材反応試験の成績表を偽造した」と経済産業省原子力安全・保安院に内部告発し、同院は調査を始めた。・・・
中電「安全性問題なし」 浜岡原発資材データ偽造情報 業者会社ぐるみ否定 2004/08/07
中部電力浜岡原発4号機(御前崎市佐倉、出力百十三・七万キロワット)のタービン建屋建設に使われていたコンクリート骨材(砂利、砂)の試験結果を偽造したと納入業者の元従業員が内部告発したとされる問題で、中部電力は六日、記者会見を開き、「偽造が行われたかどうかは確認中だが、偽造が事実でもコンクリートの安全性には問題ない」との見解を発表した。・・・
浜岡4号機 コンクリ骨材の試験結果偽造 元社長関与ほのめかす 2004/08/13
 中部電力浜岡原発4号機(御前崎市佐倉)の建設に使ったコンクリート骨材の試験データが偽造されていたとする問題で、元従業員が内部告発した同市内の砂利生産業者の元社長(71)が「偽造にかかわった記憶がある」と関与をほのめかしていることが、静岡市内の親会社の調べで十二日までに分かった。・・・
このなかでちょっと疑問を感じるのは二つめの記事。そのなかで中電は、「安全性問題なし」の理由を次のように説明している。
同社によると、4号機に使用したコンクリートで同業者から納入された骨材が含まれているのは約四十万トン。コンクリートはセメントと骨材を混ぜて作られるが、セメント業者が提出したアルカリ成分表では日本工業規格(JIS)の基準値を下回っており、骨材の成分にかかわらず、アルカリ骨材反応は起きないとしている。

これのどこが疑問かというと、「セメント業者が提出したアルカリ成分表」というのは、まさに業者が偽装したやつなんじゃないかということ。もしそうだとすると、この主張には何の根拠もないということになるが、どうなんだろう?そのすぐあとには「当時の資料は残っておらず、偽装行為は本人にしか分からない」とも書かれている。「セメント業者が提出したアルカリ成分表」というのは、偽装され、そして今は残っていない資料とは別のものなのだろうか?記事からはよく分からない。

いったいどっちなんでしょうね〜?

Posted by hirakawa at 00:33 | Category: 原子力 | Comments (0) | TrackBack (0)

Old Entries

2004年08月11日 13:41 美浜原発事故
2004年05月25日 02:08 ウラン資源量270年分残存
2004年05月08日 03:50 日本の原発被ばく総量最多
2004年05月05日 04:11 核燃料サイクル見直しへ