«  公開シンポジウムのお知ら... | トップ | 記事一覧 | 食品・飲料水などの放射性...  »

シンポジウム「ポスト3.11の公共哲学」の報告ファイル

| コメント(0) | トラックバック(0)

もう一昨日になってしまいましたが、東大駒場キャンパスで開かれたシンポジウム「震災後の正義の話をしよう 〜ポスト3.11の公共哲学〜」に登壇してまいりました。

会場は盛況で、150~200人くらいはいたんじゃないだろうか。ニコ生でも同時中継されてたのだけど、そちらの累計の視聴者数(来場者数)はなんと52,713人。

「公共哲学」なんて世間的にはすんごくマイナーなはずだけど、サンデル効果なのか、それともシンポのテーマ自体に対する関心がそれだけ広まってるということなのか。

いずれにしても、来場された皆さま、視聴された皆さま、有難うございました。

以下は、自分の発表スライド(公開用に多少修正済み)。

「3.11東電原発事故が専門知に突きつけるもの―信頼の危機にどう応えるか」
平川秀幸(大阪大学CSCD准教授)

発表に対しては、会場からたくさんの質問をいただいていたのですが(全体の8割がおいら宛てだったとか)、パネル討論の時間内には、一部しかお答えできませんでした。いま事務局に質問シートのコピーをお願いしているので、それをいただいたら、このブログ上にでも回答を掲載いたします。

ちなみにパネル討論では、「自分は脱原発を支持するが、推進派に説得される覚悟はある」と発言したのだけど、これは討論のテーマの一部でもあった「熟議」にとって根本的に大事なこと。名台詞、

「撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ」
(フィリップ・マーロウあるいはルルーシュ・ヴィ・ブリタニア)

をもじっていえば、

「説得していいのは説得される覚悟のある奴だけだ」

とでもなろうか。

欠如モデルに基づいて「○○は安全です。ご理解ください」と繰り返す「科学技術の社会的受容(public acceptance)」とかいうものに腹が立つのは、根本的には、「お前ら、自分が説得される覚悟なんて微塵も持ってねーだろ!?」ってのがありありと見えてしまうから。

まぁ、それはそれとして、そろそろ寝るか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hideyukihirakawa.com/mt/mt-tb.cgi/601

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

2013年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Access

Archive

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 4.22-ja
OpenID対応しています OpenIDについて

出版情報


 

Twitter

About this blog

▼当blogは大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)の平川秀幸の個人用blogです。▼トラックバック&コメントwelcomeです。ただし、記事にあまり関係がないもの、商品広告・宣伝のためのものなどは、当方の判断により削除させていただきますので、ご了解ください。

このブログ記事について

このページは、hirakawaが2011年6月28日 03:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「公開シンポジウムのお知らせ(?)」です。

次のブログ記事は「食品・飲料水などの放射性物質測定結果ページ まとめ(NAVER)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。