«  アジア食堂「アシリレラ」 | トップ | 記事一覧 | 立ち乗り飛行機?  »

Brussels in Spring

| コメント(0) | トラックバック(2)

日曜夜からブリュッセルに来てます。
もちろん目的は仕事。イギリス、オーストリア、アルゼンチン、オランダ、スペインの人たちとの共同研究の打ち合わせで、昨日、今日と2日間の会議があります。

昨日は、欧州委員会研究総局のビルの一室で、朝10時から夕方7時近くまで缶詰状態。遺伝子組換え作物など食品安全政策におけるリスクアセスメントポリシーの各国比較をしてるんだけど、同じ欧州連合加盟国であるイギリスとドイツを比較するだけでも、だいぶ傾向が違って面白い。90年代半ばにBSE発祥の国として、深刻な行政不信、科学不信など危機を迎えたイギリスは、かなり政策決定過程の透明性に気を使ってるかんじなのに対し、ドイツの方は、リスクアセスメントに関するあれこれの文書が非公開で、かなり不透明だったり。

これに対し日本は、イギリスと同じ傾向で、リスクアセスメントの手続きや評価項目を定めた書類も、会議資料や議事録とともに、あれこれバイオセイフティ・クリアリングハウスのHPで公開されてるし、かなり透明。書類の中身も他国と比べて充実してるし。こうして比較してみると、日本、エライなと思ってしまいます。透明性に関しては、リスクアセスメントの原本は、農水省かその外郭団体である農林水産先端技術産業振興センター(STAFF)に行かないと見られなくて、しかもコピー、撮影不可だったりして、もう少しなんとかしてほしいなと思うところはあるのだけど。今回の研究では、このあたりの透明性の話はテーマではないので、昨日の会議でもあまり話題にならなかったのだけど、他国はどうなんだろう?今日の会議で、話題にしてみようかな。

ちなみにブリュッセルはいい気候です。昨日の朝はちょっとどんよりしてて、小雨もぱらついたりしてましたが、日中は春の陽気。前回、11月末にやった会議では、窓のない狭い部屋だったけど、今回は見晴らしのいい部屋で、いい眺めです。(欧州連合には、精神衛生のために窓のない部屋で長時間会議をしてはいけないという規則があるんだそうだ。)今はもうサマータイムにもなってるので、日没は21時頃。昨夜は、Porte de Namur駅近くのレストラン街で、オープンエアのテーブルで、みんなでタイ料理を楽しみました。

会議は今日の午後3時頃まで。次回は6月、ちょうどワールドカップのシーズン中に行われる予定。次回はそっちの話題でももりあがりそうだ。

トラックバック(2)

トラックバックURL: http://hideyukihirakawa.com/mt/mt-tb.cgi/509

傍聴行ってまいりました。 資料や議事録は下記にUPされます。 http://www.fsc.go.jp/senmon/prion/p-dai33/ind... 続きを読む

タイトルの話題に入る前に重要なニュースを1つ。※ブラウザにより改行されず読みにくい場合はWordなどに全文コピーしてご覧ください(ごめんなさい) ■土壌汚... 続きを読む

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Access

Archive

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 4.22-ja
OpenID対応しています OpenIDについて

出版情報

 

 

Twitter

About this blog

▼当blogは大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)の平川秀幸の個人用blogです。▼トラックバック&コメントwelcomeです。ただし、記事にあまり関係がないもの、商品広告・宣伝のためのものなどは、当方の判断により削除させていただきますので、ご了解ください。

このブログ記事について

このページは、hirakawaが2006年4月25日 13:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アジア食堂「アシリレラ」」です。

次のブログ記事は「立ち乗り飛行機?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。