«  そういえば新刊発売でした | トップ | 記事一覧 | 紅葉狩り  »

MovableType3.2用のMT4iの設定

| コメント(0) | トラックバック(2)

先週の出張中に気づいて修正済みなのだが、こちらに記録してなかったのでメモ。

Movable Type (MT)の携帯対応用プログラムMT4iは、MT3.2だとそのままでは500 Internal Server Errrorになる。MT3.2本体の動作にとっては不要になった設定ファイルmt.cfgに一箇所加筆したうえで、サーバーのmtディレクトリーに残しておかないといけない。

加筆箇所はデータベース設定のところ。データベースのパスワードの項目DBPasswordが必要なのだ。(下記はMySQLの場合。)

ObjectDriver DBI::mysql
Database データベース名
DBUser データベース・ユーザのアカウント名
DBPassword パスワード
DBHost データベース・ホスト名

MT3.2では、mt.cfgの代わりにmt-config.cgiを使うことになっているが、MT4iではmt.cfgを読み込むしくみになっている(mt4i.cgiのスクリプト参照)。このため、mt.cfgをサーバーに残しておかないとMT4iは動かない。しかもMT3.2では、以前はmt-db-pass.cgiに記述していたデータベースのパスワードも、mt-config.cgiに、上記のようにDatabase、DBUser、DBHostと一緒に記述することになっており、mt-db-pass.cgiは使われない。このためMT4iが読み込むmt.cfgにもパスワードの記述が必要なのである。

いうまでもありませんが、以上の設定はBerkleyDBを使っている人には不要です。

<追記>
上記の修正の代わりに、mt4i.cgiの「mt.cfgの読み込み」というスクリプト部分を下記のように変えるという手もあります。(参照: MT4i作者のMT4i/コメント/2.0のページの2005-11-02 09:05:18 のユーザコメント。)

(旧)
my $mt = MT->new( Config => $cfg{MT_DIR} . 'mt.cfg', Directory => $cfg{MT_DIR} )
(新)
my $mt = MT->new( Config => $cfg{MT_DIR} . 'mt-config.cgi', Directory => $cfg{MT_DIR} )

自分は保守的にmt.cfgの変更のほうで使ってます。

トラックバック(2)

 新しい年を迎え、これまで見て見ぬふりをして過ごしてきたMTのバージョンアップをしました。そろそろテンプレートを一新してリニューアルしたいなぁと考えていた... 続きを読む

ずっとmoblogは「平田さんのmoblog.uva.ne.jp」を利用させて頂... 続きを読む

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Access

Archive

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 4.22-ja
OpenID対応しています OpenIDについて

出版情報

 

 

Twitter

About this blog

▼当blogは大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)の平川秀幸の個人用blogです。▼トラックバック&コメントwelcomeです。ただし、記事にあまり関係がないもの、商品広告・宣伝のためのものなどは、当方の判断により削除させていただきますので、ご了解ください。

このブログ記事について

このページは、hirakawaが2005年11月26日 01:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「そういえば新刊発売でした」です。

次のブログ記事は「紅葉狩り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。