«  「改革の本丸」という名前... | トップ | 記事一覧 | 珍々亭の油そば  »

Movable Type 3.2日本語版 Release-2 の提供開始

| コメント(0) | トラックバック(0)

さきほど、ブログ編集画面のメイン・メニューを見てたら発見。あれこれ忙しいのと、いろいろ3.2は問題ありそうな情報も目にして、ついついアップデイトしないでいたのだが、どうやらその問題点もクリアされた様子。

そんなわけで早速アップデイト、と思ったのだが、もうしばらくお預けにしておく。9月終わり頃から少し時間的に余裕があったのだけど、今週に入ってから、何かと忙しくなってきた。授業や学内業務に加え、科研費の申請書作り、来年5月にスウェーデンで開かれるリスク論関係の国際会議VALDOR 2006のアブストラクト作成もしなくちゃいけない。某委員会委員へのインタヴュー申込みの書類も用意しなくちゃ。明日は某学会理事会で上京。来週は、火曜の4限の授業がおわったら、即効で再び上京して、別の学会の大会企画委員会、翌朝はそのまま東京で研究プロジェクトの打ち合わせをして、昼までに大学に出勤。とてもMTいじってるヒマはない。(そもそもこのブログさえ、久々に見た。)

とはいえ、昨日(木曜)はキース・エマーソンの単独ライブに大阪まで行ったりもしたのだが(スゲェーよかった。久々のプログレの快感を味わえた。アンコールでは余興でZeppelinのBlack Dogまでやってくれたし)。

もう一つ懸念事項があった。来月半ばの欧州出張の日程。いちおう、14-15日にブリュッセルで開かれる科学技術コミュニケーションの会議Communicating European Research 2005に参加することは確定してるのだが、問題はそれとカップリングさせた共同研究のキックオフ会合の場所と日時。当初は、11日にサセックス大学(英国ブライトン市)で、っていう予定だったのだが、この研究のメインスポンサーである欧州委員会の未来技術研究所(IPTS)が、研究所のあるセビリア(スペイン)でやってください、なんて突如言い出してきて、予定はちゃぶ台返し。それで、なんとか欧州委員会研究総局(日本で言えば文部科学省にあたる)のあるブリュッセルでもいいということなったのだけど、日程については11日はダメだという。しょうがないので、16日とか17日という候補があがったのだけど、これもなかなか全員の予定が合わない。今のところ18日というのが最有力候補として残ってるんだけど、現時点では未決定。(時差もあるからまどろっこしい。)そろそろ学内の出張手続きの締め切りが近づいてきてるので、ちょっと焦り気味なんだけど(すでに3回も申請書出しなおしたし)、今夜中に決まらないと明日はもう週末。手続き締め切りは日本時間で火曜夕方、欧州時間でその日の朝だから、かなりギリギリのタイミング。まぁ、申請が受理された後で、1、2日帰国を延ばす変更は、余分に休講が発生するわけでもないので、不可能ではないとは思うんだが、事務方や管理職の方々には迷惑かけそうだ。(ただでさえウチの大学は海外出張に対して冷たいし。なにしろ申請書のタイトルは「特別海外出張申請書」だ。別にこっちにとっては「特別」でもなんでもないんだが。。)う~ん、困った。。

とのあえずMTのアップデイトは再来週かな。。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hideyukihirakawa.com/mt/mt-tb.cgi/427

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Access

Archive

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 4.22-ja
OpenID対応しています OpenIDについて

出版情報

 

 

Twitter

About this blog

▼当blogは大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)の平川秀幸の個人用blogです。▼トラックバック&コメントwelcomeです。ただし、記事にあまり関係がないもの、商品広告・宣伝のためのものなどは、当方の判断により削除させていただきますので、ご了解ください。

このブログ記事について

このページは、hirakawaが2005年10月15日 03:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「改革の本丸」という名前(だけの)法案が成立」です。

次のブログ記事は「珍々亭の油そば」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。