«  都市型保守vs都市型リベ... | トップ | 記事一覧 | 小さな政府・大きな政府論...  »

米国BSE飼料規制―産経新聞の大誤報

| コメント(0) | トラックバック(4)

昨日、ちらっと見かけて、「何、血迷ってんの?」と目が丸くなった産経新聞の記事。米国BSEオタの人にはすぐ分かる事実誤認です。

BSE対策を米が強化へ 家畜のエサ規制ミラー
【ワシントン=気仙英郎】ジョハンズ米農務長官は三十日の電話会見で、米国のBSE(牛海綿状脳症、狂牛病)の追加対策として、家畜のエサに関する規制を強化し、牛の危険部位を含まない肉骨粉についても、豚や家禽(かきん)類のエサに使用しない方針を明らかにした。今後、一、二カ月中に実施する。
 米国は一昨年十二月に米国初のBSE感染牛が発見された後、牛の脳や脊髄(せきずい)など感染源の恐れのある特定危険部位を、すべての動物の飼料やペットフードに使うことを禁じた。今年六月に二例目のBSE感染牛が見つかったことで、一段と強化する。・・・(強調引用者)

問題の記述は太字部分。「・・・すべての動物の飼料やペットフードに使うことを禁じた」って、それはウソです。昨年7月にFDA(食品医薬品管理局)が提案したけど、飼料業界の反発もあって、まだ実施されていない話。「一昨年十二月」に決められ、現在行われてる規制の中身については、日本の食品安全委員会プリオン専門調査会の過去の資料にも、EUや日本と比較しながら、ちゃんと書いてある。

第5回プリオン専門調査会
資料2:国際専門家による米国に対する勧告と各国のBSE対策の比較[PDF]

これに書いてあるように、米国では、「動物から反すう動物(牛、羊、山羊など)への給与禁止」としかなっていないので、反すう動物以外の鳥や豚、ペット類には与えてもいいことになってる。だから、昨年の日米専門家及び実務担当者会合(WG)の報告書でも、牛の肉骨粉を含んだ鳥・豚用のエサが、牛のエサに混じる交差汚染が問題になっていたわけだ。

ちなみに、この件についてはもっと詳しく、北林さん@農業情報研究所が書かれているので、そちらをどうぞ。

農業情報研究所
米農務長官が肉骨粉全面禁止の方針表明とマスコミ報道 大新聞は不明を恥じよ

トラックバック(4)

トラックバックURL: http://hideyukihirakawa.com/mt/mt-tb.cgi/402

米国では、狂鹿病(CWD)がいま、大問題になっています。米国の州によっては、野生のシカの2割が感染しているという話もあるほどです。 先日、MAD COW USA(邦題 隠された狂牛病)という本の著者、ジョン・スタウバーさん(John Stauber)の講演に行き、大変な話を伺っ... 続きを読む

食品安全委員会に今朝、以下の質問メールをいたしましたので、ご報告いたします。練られてない文章で先方にもちょっと気の毒ですが、とりあえずは送ってみました。 http://www.fsc.go.jp/dial/index.html ============== ■標題 : BSE・CWD問題について ソ... 続きを読む

9月26日のプリオン専門調査会を傍聴してきました。資料や議事録はいずれ下記にUPされる予定です。 http://www.fsc.go.jp/senmon/prion/index.html それがUPされるまでということで、簡単な感想を書こうと思います。今回は、たたき台案がいくらか進行していました。トピ... 続きを読む

■米国の肉骨粉と動物油脂中に危険部位はどの位入ってるの? 牛の肉骨粉を与えた鶏の糞を牛に食べさせ、牛脂と血漿たん白の飼料規制は一切なしの米国ですが、それらに危険部位(SRM)はどれだけ混入しているのでしょうか? 公開資料がありましたので、UPさせてい、... 続きを読む

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Access

Archive

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 4.22-ja
OpenID対応しています OpenIDについて

出版情報

 

 

Twitter

About this blog

▼当blogは大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)の平川秀幸の個人用blogです。▼トラックバック&コメントwelcomeです。ただし、記事にあまり関係がないもの、商品広告・宣伝のためのものなどは、当方の判断により削除させていただきますので、ご了解ください。

このブログ記事について

このページは、hirakawaが2005年9月 2日 01:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「都市型保守vs都市型リベラル」です。

次のブログ記事は「小さな政府・大きな政府論つづき」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。