«  浜岡原発 「耐震上2号機... | トップ | 記事一覧 | 米国BSE問題―4月19...  »

侵入者

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日、朝イチの授業の時だった。

始まってから5分くらいたった頃だったろうか。先週話したことのサマリーを喋って、今日の話につなげようとしていたところ、突然「バサバサバサッー」という音。

なんと一羽のハトが、開いてた窓から教室の中に飛び込んできたのだ。出口を探してか、ゆっくり飛びながら、まずは教室の真ん中近くのテレビモニターのところに留まった。とりあえず、そこから動かして、窓のほうに誘導しようと、折ったチョークの切れ端をポンとぶつけてみる。うまいこと、背中にあたって、ハトは飛び立ち、今度は窓のほうへ。

ところが、ハトは高いところに出口を探しているらしく、開いている大きな窓には気がつかない。そのまま窓の上部の桟に留まってしまう。それで仕方なく、教卓のところから椅子を運んで、その近くの、上部の小窓を一つ開けてやる。しばらくすると、ハトは場所を変え、その小窓のところに留まって、外を覗いている。「今がチャンス!」と思い、ジャンプして橋の背中を後押ししようと、近づこうとしたその時・・・

ボタッ。

やってくれました。やるんじゃないかと怖れていた事態でした。目の前、1mのところに小さな糞が落下。床にポチャッと落ちました。

あと少しタイミングが早かったら、被弾しているところでした。

そして、一呼吸おいて近寄り、ジャンプしてハトを後押し。そのままハトは、外へと飛び立っていきました。

誰も被弾しなくてよかった。。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hideyukihirakawa.com/mt/mt-tb.cgi/327

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Access

Archive

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 4.22-ja
OpenID対応しています OpenIDについて

出版情報

 

 

Twitter

About this blog

▼当blogは大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)の平川秀幸の個人用blogです。▼トラックバック&コメントwelcomeです。ただし、記事にあまり関係がないもの、商品広告・宣伝のためのものなどは、当方の判断により削除させていただきますので、ご了解ください。

このブログ記事について

このページは、hirakawaが2005年4月19日 23:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「浜岡原発 「耐震上2号機もたず」―データ改ざんの内部告発」です。

次のブログ記事は「米国BSE問題―4月19日衆院農林水産委員会の気になる発言」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。