«  京都御苑で花見 | トップ | 記事一覧 | また一つ。。  »

筍をいただく

| コメント(0) | トラックバック(0)

CIMG0723a.jpg

4月も10日となり、すっかり春、ということで、今夕は筍会席を愉しんできた。

場所は長岡天神の池の縁に立つ錦水亭。去年は桂の筍亭に行ったので、今年はこちらで、ということで行ってきた。天神にはやや早く着き、本宮でお参りしてから、予約時刻の6時ちょっと前に錦水亭本館へ。そこから別邸のこじんまりしたきれいな和室に通される。

木の芽和え、のこ造り、田楽、若竹すまし汁、じきたけ(煮物)、焼竹、むしたけ、てんぷら、酢の物、のこめし、そして水物(果物)という、デザートを除いてすべて筍尽くしのコース。一番印象に残ったのは、写真の「じきたけ(登録商標)」。筍の皮に包まれて出てきた焼茸も、焦げた醤油が香ばしく、美味。好みとしては、筍亭より好きかも。でも、ちょっと料理が運ばれてくるペースが早すぎ。筍亭では2時間くらいかかってたけど、今日は1時間20分くらいで終わってしまった。

CIMG0733a.jpg

すっかり満腹になった腹を抱えて洛中に戻り、駅からの帰りしな見つけた、いかにも京都らしい看板。分譲マンションの建設地なんだけど、何か出てしまったらしい。こういうの、見てみぬ振りしちゃう「ないない率」ってどれくらいなんだろう?けっこうマジメにやってるのかな。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hideyukihirakawa.com/mt/mt-tb.cgi/320

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Access

Archive

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 4.22-ja
OpenID対応しています OpenIDについて

出版情報

 

 

Twitter

About this blog

▼当blogは大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)の平川秀幸の個人用blogです。▼トラックバック&コメントwelcomeです。ただし、記事にあまり関係がないもの、商品広告・宣伝のためのものなどは、当方の判断により削除させていただきますので、ご了解ください。

このブログ記事について

このページは、hirakawaが2005年4月10日 23:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「京都御苑で花見」です。

次のブログ記事は「また一つ。。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。