«  ベネマン前米国農務長官が... | トップ | 記事一覧 | モブログのテスト  »

サムネイル表示に対応

| コメント(0) | トラックバック(1)

サムネイル表示のテスト。

写真は、ウチのハンナ。
(携帯の待受けにも使ってる。←親バカ?)

このブログがあるサーバーには、Image::Magickがないので、Movable Typeで使えるNetPBMを利用してみた。(NetPBMはサーバーにインストールされていた。)ただし、NetPBMが動くのに必要なPerlのモジュールIPC::Runは入ってなかったので、次の要領で対応。(参考:My host doesn't have Image::Magick

  1. IPC::Runをここからダウンロードし、解凍しておく。
  2. サーバーのMovable Typeがインストールされているmtディレクトリー下のextlibディレクトリーにIPCというフォルダを作る。
  3. 解凍したフォルダの中から、Run.pmとRunフォルダ丸ごとを、IPCフォルダにアップロード。
  4. mt.cfgを編集。「ImageDriver NetPBM」をコメントアウトする(先頭の#を消す)。これをサーバー側に上書き。ちなみにデフォルトではMovable Typeは、3つの場所(/usr/local/netpbm/bin, /usr/local/bin, /usr/bin)からNetPBMツールを捜し出す設定になっている。NetPBMツールが別の場所にある場合は、NetPBMPathの設定を変更する。(ウチは/usr/local/netpbm/binにあったのでデフォルトのまま。)
  5. 以上で完了

この他に、写真に対するテキストの回りこみとその解除のために、Movable Typeのスタイルシートで次のように設定。

  • ".photo_right"というclass指定をして、そのなかでfloatを使って回り込みを設定。
  • ".posted"に"clear:both"を書き加えて、回り込み解除を設定。

さらに.photo_rightのclass指定を、ファイルアップロードの際のHTML作成の際に自動で入れるため、lib/MT/app/の中にあるCMS.pmを一部修正。1946行目あたりにある次のコードから始まる部分を探す。(行数はエディターの折り返し設定によって違うはず。"Download file"という文字列のすぐ上なので、これで検索すると見つけやすい。参考:MT3.1・自動で画像にテキスト回り込みを*vitalage*blogさん)

この部分を含めて、imgタグが3つあるので、その中にclass="photo_right"を書き加え、あとはサーバーにアップして上書きすれば完了。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://hideyukihirakawa.com/mt/mt-tb.cgi/248

こちらを参考にさせていただきながら試行錯誤しました。 続きを読む

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Access

Archive

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 4.22-ja
OpenID対応しています OpenIDについて

出版情報

 

 

Twitter

About this blog

▼当blogは大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)の平川秀幸の個人用blogです。▼トラックバック&コメントwelcomeです。ただし、記事にあまり関係がないもの、商品広告・宣伝のためのものなどは、当方の判断により削除させていただきますので、ご了解ください。

このブログ記事について

このページは、hirakawaが2005年1月28日 01:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ベネマン前米国農務長官がユニセフ事務局長に!?」です。

次のブログ記事は「モブログのテスト」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。