«  ファスト風土化とマイホー... | トップ | 記事一覧 | Shame on you...  »

久々のフォアグラ@ガスパール

| コメント(0) | トラックバック(0)

本日は、久々のフレンチ・レストランガスパールにて、昨秋、京都の某大学関係に就職したICUの後輩の(遅ればせながらの)就職祝い&誕生日祝いを兼ねての晩餐。ウチの妻は、先月も、上洛した友達と一緒にランチを食べに行ってたのだが、小生はかなり久々。今日は、昼飯も抜いて、わくわくしながら備えておりました。

何度か行ったことのある別のフレンチ・ビストロが店をたたんだ後、その店舗に去年の5月くらいに開業したガスパール。たまたま近くのドッグカフェに犬の散歩がてら寄った帰りに発見し、その夜食べに行って、一発で惚れてしまった。いかにも食いしん坊という巨漢のシェフと、プロ魂を感じさせるホール・サービス。そのうえ、味・サービスとつりあわないくらい実に安い値段。前菜2品とメイン1品のコースが3700円、メイン2品で4900円、お任せコースで6000円。初めて行った頃は、まだ予約なしでも入れたけれど、いつのまにか京都界隈でいま一番ホットな店になってて、今日も火曜日だというのにほぼ満席。

小生にとってガスパールの魅力は、なんといっても前菜のフォアグラに集約される。絶妙な苦味と香ばしさのある焼加減の表面と内側のしたたりとろけそうな火の通り加減。酒飲み+食いしん坊にはたまらない味わいで、一口食べれば「準備OK、どんどん来なさーい」という具合に、そこから先の料理への期待をいやがおうにも掻き立てられる。しかも上記のような手頃な値段!ふだん玄米菜食で食費のかからない我が家にとっては、なおさら気軽な贅沢。

ちなみに今日のチョイスは、4900円のコースで、前菜はフォアグラとサツマイモのエスプレッソソース(この苦味と甘味の組み合わせが堪らない。パルメザンチーズリゾットのフォアグラ乗せも美味いが)、子兎のゼリー寄せ、メインの魚はブイヤベース、肉は黒豚のコンフィとレンズ豆。そのあとコース外のくさくて堪らないチーズを頂き、デザートはサッパリすっきりのグレープフルーツのプリン。酒は、白・赤一本ずつと、チーズの時にシャンパン(クリコ)をグラスで頂く。食べ終わってみれば、お腹の皮はパンパン状態。もう食えねぇー!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hideyukihirakawa.com/mt/mt-tb.cgi/242

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Access

Archive

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 4.22-ja
OpenID対応しています OpenIDについて

出版情報

 

 

Twitter

About this blog

▼当blogは大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)の平川秀幸の個人用blogです。▼トラックバック&コメントwelcomeです。ただし、記事にあまり関係がないもの、商品広告・宣伝のためのものなどは、当方の判断により削除させていただきますので、ご了解ください。

このブログ記事について

このページは、hirakawaが2005年1月19日 01:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ファスト風土化とマイホームタウン」です。

次のブログ記事は「Shame on you!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。