«  きみがよパラノイア―アホ... | トップ | 記事一覧 | 気分はもう全体主義?―い...  »

ラルク詞評

| コメント(0) | トラックバック(0)

ちょっといきり立っちゃったさっきのエントリーのお口直しにどうぞ。先日のラルク大阪城ライブの興奮が覚めやらないウチの妻が、連発でhyde詞評をアップしてます。

 一輪庵
  (カテゴリー「ラルク」:http://pearldiver.txt-nifty.com/door/cat883931/index.html

ちなみに只今@研究室のBGMは「瞳の住人」。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hideyukihirakawa.com/mt/mt-tb.cgi/93

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Access

Archive

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 4.22-ja
OpenID対応しています OpenIDについて

出版情報

 

 

Twitter

About this blog

▼当blogは大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)の平川秀幸の個人用blogです。▼トラックバック&コメントwelcomeです。ただし、記事にあまり関係がないもの、商品広告・宣伝のためのものなどは、当方の判断により削除させていただきますので、ご了解ください。

このブログ記事について

このページは、hirakawaが2004年6月15日 19:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「きみがよパラノイア―アホですか、この人たち?」です。

次のブログ記事は「気分はもう全体主義?―いやいやそれ以上かも」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。